GMOクリック証券のPlatinumチャートは機能がたくさんある上に利用しやすい

トレーダー(投資家)の愛刀ともいえる頼もしい武器がチャートです。トレーダーが取引しやすくて利益を得やすいようにチャートには各社とも力を注いでいますね。なかでもGMOクリック証券は、チャートを始めとした取引ツールに力を入れているFX会社。

FXチャートに必要なポイント

主なチャートを比較し選ぶ上でのポイントをピックアップしてみましょう。

  • 必要なテクニカル分析ツールがあるかどうか
  • 描画されたチャートは見やすいか、操作性は?
  • 自分で設定した内容を保存できるか
  • 画面分割により複数のチャート表示ができるか
  • トレンドラインやフィボナッチの描画ができるかどうか
  • 時間足は何種類あるのか
  • チャートのPC負荷はどの程度か

これらのポイントが満たされていればストレスなく相場予測や売買に力を入れられます。鬼に金棒となるか豚に真珠となるかは投資家次第!

●GMOクリック証券で4画面に分割し複数チャートを表示

複数チャートを表示

FX会社に口座を開く中でチャート機能で選ぶ方は多いはず。

GMOクリック証券のPlatinumチャート

その点、GMOクリック証券のチャートは優れています。

  • テクニカル指標が38種類
  • 最大16分割チャート表示
  • 多彩な描画オブジェクト

FXトレーダーに必須の機能が満載。ブラウザで気軽に開けるのもお気に入り。朝起きたらとりあえずGMOのFXネオで市況を確認。

チャートを分割や複数開いているとパソコンへの負荷がかかり、重くなりやすいのですがこのプレミアムチャートは軽くさくさくと動き画面切り替えがスムーズです。

下記画面のようにニュースとチャートを同時に表示することやレートを表示することもできとても便利

複数台のパソコンやモニタを使う方であっても画面のスペースは限られていますので、効率の良いニュース表示ができるのはありがたいものです。

●Platinumチャート

プレミアムチャートの画面

チャートと為替レートそしてニュースの3つを同時に見ることができます。この画面を開いている時間がFXトレーダーはもっとも長いのではないでしょうか。

オリジナルの金利や株価比較チャート

さらにうれしい機能として比較チャートの存在があげられます。

しかも通貨ペアだけにとどまらず、株・金・原油・金利の比較もできます。これなら、日米金利比較から今後の為替レートを分析することもできることから、玄人トレーダーも大満足。

●日米金利比較

複数の通貨ペアや株価・そして米国債と日本債の金利を比較できます。日米金利差で動くことも多い為替相場の分析に役立つツール。

日米金利差比較

為替の会社ですから通貨ペアの動きを見るチャートは、ほとんど全ての会社で充実しています。

でも金利や株価チャートを比較できるのはGMOクリック証券だけ!

●テクニカル分析は数が多く満足できる38種類

トレンド系やオシレーター系が揃う

基本的な分析から応用的な分析まで多彩なテクニカル分析ツールを利用可能

GMOクリック証券のスプレッドは米ドル/円0.3銭

いくらチャートの能力が高くても、商品設計が悪いと使えません。

その点、米ドル/円のスプレッド0.3銭原則固定、ユーロ/円0.7銭と他社と比較してもかなり狭い会社の一つ。

最新取引ツールの開発力は業界屈指のスピードと信頼性のGMOクリック証券は、お勧めFX会社!

GMOクリック証券

<スポンサーリンク>
 
サイドメニュー1
GMOクリック証券

スプレッド&スワップの比較

FXの初心者入門ブログ

このページの先頭へ